スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物置の検討

ヨド物置を選んだ理由

0 0
2012年3月。夢のマイホームを手に入れました。

注文住宅で、家の外装・内装、設備の事などいろいろな事を検討しましたが、物置の事なんて全く考えていませんでした。必要なものだということは全く頭にありませんでした。しかしながら、住んでみると意外と家の中より外に置いておきたいものがあることに気付きます。

例えば、マイホームを機に始めた家庭菜園、ガーデニングの道具(スコップ、如雨露、ブロックなど)、趣味の釣りの道具(大きなクーラーボックス、バケツなど)、灯油缶、洗車用品(スポンジ、洗剤、バケツ)など・・・

ですので、思い切って物置を設置することにしました。

物置を選ぶに当たりヨドコウ、イナバ、タクボなど色々なメーカの物置を見ましたが、その中で選んだ物置はヨド物置の『エスモ』です。

なぜヨド物置を選んだのか?それにはこのような理由があります。

設置スペースについて

設置場所について
我が家は、家の裏に物置を設置しますが、設置場所は物理的に上図の赤枠の場所しかありません。この場所が設置場所として一番広くスペースを取れますが、両サイドには太陽光発電で使うパワーコンディショナーとコンセントがあります。このように限られたスペースではありますが、出来るだけ大きな物置を設置したいと考えました。ヨド物置は、沢山の種類のサイズがあり、我が家の設置条件にピッタリのものがありました。

本当は、家の設計時に物置の事を考えてスペースを確保できていれば一番良いんでしょうね。

物置の素材、色について

私の実家にも物置がありました。子供の頃からその物置を使用していましたが、古いせいか扉がとても開け難かった記憶があります。古い錆びた金属同士がこすれ合ってギシギシと開け難いイメージです。

このような使いにくい物置は避けたいと思っていましたが、ヨド物置はガルバリウム鋼板という素材を使用しているそうで、高い耐久性・耐酸性があるそうです。とても長く使うものなので、耐久性・耐酸性に優れているという点にとても惹かれました。

また、カラーバリエーションが豊富でかつ洒落という点も高いポイントです。元AKB48の篠田麻里子さんがCMをしていただけあった、可愛いデザインです。
20120530001_斜め外観 - コピー

我が家は、この画像のように外壁が2色のタイルで、ベージュ系の柔らかい雰囲気をイメージしています。これに合うイメージの物置を設置したいと思っていましたが、ヨド物置にはピッタリのデザインがありそうです。
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。