スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組み立て

ワイヤーによる物置の転倒防止について

0 0
地震や台風による物置の転倒防止策として、アンカー工事をしましたが、

ヨド物置エスモの説明書には、もう一つの転倒防止策としてワイヤーによる固定が載っていました。
ヨド物置エスモの説明書

ワイヤーによる固定は、物置本体に取り付けられた本体支持金具と母屋など動かないものを繋いで固定しますアンカー工事と合わせて行っておくとより安心ですね。

↓これが物置本体に取り付ける支持金具です。
本体支持金具

小さな金属の金具にネジが付いています。これを物置の両側面後方に取り付けます。この金具を物置の切り込みに差し込んでネジでしっかりと固定します。

↓そしてこれが取り付けた様子です。両サイドに取り付ける事ができます。

物置に取り付けた本体支持金具

物置に取り付けた本体支持金具

取り付け後、この穴にワイヤーを通し、動かないもの(家屋やフェンスなど)と繋いで固定します。施工自体はとても簡単ですね。ほんの10分程度で出来ると思います。

ただ、物置自体は100kgオーバの超重量級ですので、ワイヤーを繋ぐものはそれなりに強いものでなければなりません。100kgが倒れた時に、繋いでいたものまで破損してしまったら、ダメージが2倍になってしまいます。

このようなターンバックル、ステンレスワイヤークリップを使用して固定しても良いですね。



残念ながら我が家の物置設置場所周辺には、ワイヤーを縛り付けられるようなものがありませんので、ワイヤーによる固定はできませんでした。この場所にしか設置できなかったので仕方ないですが、設置場所検討の際には、この針金による固定場所も考慮して決めると良いですね。

物置設置場所周辺の様子
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。