スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組み立て

ヨドコウ物置エスモの組み立て(水平取り編)

0 0
組み立ての前にまず基礎となるコンクリートブロックを置きます。

我が家の設置場所は、砂利スペースなので、砂利をどかして物置の大きさを計りながらブロックを置いていきます。(→ブロックを置いた記事
ブロック

後ろの壁との距離は20mm以上開けるように説明書に書かれていますので、少し隙間を空けています。地面の物置の設置スペースより屋根が出っ張る為です。これについても、購入前のサイズ選び時に考慮していた方が良いですね。

ブロックを置いたらその上に床板を置いて水平を取ります。
床板

物置の中に組み立てるための簡易工具セットが付いていましたが、その中に水平を取るための道具があります。水平器とT字スパナを使用します。
工具

T字スパナを使って、四隅のアジャスターを調整すると、アジャスターの高さが変わるという仕組みです。水平になるようにアジャスターを調整していきます。
水平取り

四隅の調整が終わったら、最後に中央のアジャスターをブロックに当たるまで回します。
水平

床板そのものがブロックに乗っていると思っていましたが、実際はアジャスターがブロックに乗っている形でした。このように、床板とブロックの間には隙間があります、6つのアジャスターが物置全体を支えている形となります。
隙間

物置のDIYについて色々調べていると、ブロックを置く時点で水平を取ると書いてあるサイトがありましたが、ヨド物置の場合は、このアジャスターで調整するのでブロックの水平は不要と思います。この後は大きな部材を組み立てていく工程です。

関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。