スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組み立て

ヨドコウ物置エスモの組み立て(部品組み立て編)

0 0
床板の水平を取った後は、組み立てていきます。組み立ては、物置に付属していた説明書を見ながらやります。
説明書

ヨド物置のHPには、工程毎の組み立て動画もありますので、それを見るとより分かりやすく組み立てることができると思います。私は、組み立て前日の夜に動画を何回も見て予習しました。

まず、側壁を取り付けます。
側壁

しかし、これが大変。約190cm・20kgの大きな板を抱えて床板に上手くはめなければなりません。なかなかはまらず、かなり苦戦しました。時間が掛かりましたが何とか一人でもできました。複数人でやるともっと楽にできると思います。

側壁を床板にはめた後は、ネジで固定しますが、ある程度他の部品を組み立てるまではかなり不安定です。少しの風が吹いただけで倒れそうです。20kgもある部材が倒れると危ないので、絶対に風がある日にはやってはいけないと思いました。また、ほかの部材を取り付けて安定するまで、手際よく作業する必要があります。ゆっくり休憩なんてしていられません。

そして、次は屋根パネルの取り付けです。これも一人だとかなり大変な作業です。これまた20kg近くある部品を担いで190cm以上の高さの天井部分にはめなければなりません。間違って落としてしまったら、側壁も間違いなく倒れ、大きな怪我につながる可能性大です。注意して作業しなければなりません。ここでは、脚立があると作業が楽ですね。

この後はそれ程難しい作業は無く、順調に作業を進められると思います。↓は後柱をはめた様子です。
後柱

背面の壁と扉を取り付けて完成です。あまりの重労働に途中の画像を取り忘れていました汗
完成

何とか形になりましたが、とても大変でした。もう少し楽に作業ができたかなと反省する点がありました。まず、重い部材を取り扱うので、一人でやるより複数人の方がずっと楽です。あと、脚立と電動ドライバーがあると良かったと思いました。電動ドライバーは三千円程度で買えるので(後に購入しました)、持っておくと組み立て家具等を作る時もかなり楽に仕事ができます。手動ドライバーでは、力いっぱい何度もネジを締めなければならないので、意外と疲れます。脚立は上記の通り、天井を高所へ持ち上げる必要があるので、あった方が良いです。

次は、中の棚を取り付けます。

関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。